蛇口の水漏れ

蛇口から水漏れ!信頼できる業者選びがポイントです

普段、生活していて水まわりのトラブルが起こることは稀ですが、いったん起こってしまうと、かなり面倒です。
ちょっとした程度の問題なら、自分で解決できるかもしれませんが、水漏れが起こると、これは一刻も早く修理する必要があります。
また、自力で解決が難しいことも多いので、専門の業者に依頼することになります。
蛇口から水が漏れている場合、いくつかの原因が考えられます。
まず、どこかの部品が破損や緩みなど単純な故障状態なのか、それとも寿命が来て交換が必要なのかという判断が必要です。
シングルレバーと呼ばれる一つのレバーで水とお湯を切り分けるタイプ、それぞれ別々のハンドルがついている2ハンドル混合水栓タイプ、そしてお風呂場によく使われているサーモスタット混合水栓などのタイプにもよります。
水漏れ場所がハンドルやレバーの根元、蛇口の根元、接続部分のどこか、原因がパッキンの劣化、ナットやスパウトの問題、バルブの故障などにより、状況に応じた修理が必要です。
最近は、水まわりのトラブル専用の業者さんも登場しているので、いくつかの業者さんに連絡してみることが勧められます。

蛇口の水漏れはDIYで解決

蛇口からの水漏れは、水漏れ箇所によって対処法が異なります。
ホームセンターで売っている部品を使って、自分で修理できる場合が多いです。
どの部分を修理する場合でも、作業を始める前に止水栓を閉めます。
吐水口からの水漏れは、ハンドル下部の水栓を構成する、ケレップと呼ばれる、コマ型のパーツのパッキンを交換することで改善できます。
同様に、ハンドルのすぐ下からの漏れは、ハンドルを取り外した上で、ハンドル内パッキンを交換します。
水栓部分とパイプの接続部から漏れる場合も、パイプナット部分にあるパッキンを交換すれば、大抵の場合はトラブルを解消することができます。
蛇口の各部分のパッキンは、それぞれサイズが2種類しかないので、ホームセンターでも手に入りやすいと言えます。
最近は、一昔前の蛇口よりもデザインや、ハンドルの開閉のしやすさに配慮された、新しいタイプの製品を採用した水廻り設備も増えています。
タイプに合った対処法を行ってください。

Valuable information

最終更新日:2017/7/28